婚活ブームにのって、婚活をテーマにしたドラマまでありました。あまりのリアルさに驚き!

婚活イベントの種類の多さには驚かされます。

婚活ドラマ「ご縁ハンター」のリアルさ

実際に婚活を経験した男女から

「これはリアルすぎる…」という感想が集まった「ご縁ハンター」。 「リアルすぎて寒気がする」とまで言われたこのドラマは、2013年にNHKで全三話・観月ありささん主演で放送された「婚活」がテーマの物語です。 ストーリーは、通販会社に勤務する37歳の利香が、お友達の悦子に誘われて婚活パーティーに参加するところからドラマは始まります。

「婚活パーティー」と言われてお出かけをしてみたものの、やることは「面接」そのもの。 初対面なのに、いきなり男性から「37歳は高齢出産」などと言われ、面食らう利香。 「初めて会ったのに」と言い返したら「婚活なんだから当たり前」と言い返される。 「婚活ってこんなに厳しいの?」と思うでしょうが、これが婚活の現実です。

さらに、年収が1000万円の男性から「会いたい」というメールが来たので

実際に会ってみたら、「あなたは知的そうで良かった」と褒めはするものの、初対面でいきなり「若い子は遊ぶにはいいけど結婚はね」と女性を馬鹿にする発言をしてみたり、肩を寄せてキスしてきたり、無礼千万な態度。 婚活サイトのメールを見れば、「好みじゃない」「20代女性が希望なので」などなど冷たい文章の数々。

良い男性を見つけた!と思ってその気になり、デートを続けてはみたけれど、相手は自分だけじゃなく何人もの女性と会っていた。それに疑問を投げかけると、「婚活はたくさんの人とお付き合いをして、その中から一番いいと思った人を選ぶ。だから、たくさんの女性と会うのは当たり前」などと言われてしまう。しかも、彼の「やっといい人が見つかりました、日記は今日で最後です」という婚活サイトの日記で、結婚を知ることになります。

これが婚活の現実だと思うと

婚活が怖くなってしまうほど厳しい出来事の数々

その中で利香は仲間と励まし合いながら、自分と向き合いながら、「婚活」の意味を考えていくようになります…。 このドラマがリアルなのは、「これが婚活なんだ」という出来事を知ることができるだけでなく、「婚活の先にあるもの」を描いているからです。「自分はどうして結婚したいのか」という、基本的なことなんだけど見失いやすい原点に主人公たちが気づくからなんです。 主人公と一緒に婚活をした女の子。「結婚したい」と思って相手の男性を見つけるけれど、最後の最後に「相手が好きなんじゃなくて、30になる前に結婚したかっただけ」ということに気づきます。

結婚相談所で利香と知り合った男性は、「自分が結婚したかったからじゃなく、結婚して親を喜ばせたかっただけ」ということに気づきます。 それぞれが自分の本当に気づくことから、本当の婚活が始まる。 その経緯が「リアル」ということです。 婚活を目指す人には辛口のドラマかもしれませんが、その中でも必死にもがき自身を見つめる登場人物の姿は、あなたに勇気をくれるでしょう。「婚活って、何?」という原点に立ち返りたい人、その実態を知りたい男女に見てほしいドラマです。「あなたが結婚したいと思うのはどうしてか」。基本的なことだけど、とても大事なことに気づかせてくれるかもしれません。

行くぜ!はだしで走って愛しい人をゲットできちゃう「はだし婚」

婚活イベントの幅広さは既に多くの場所で知られるようになっています。

しかし「こんなことまでやっちゃうか!」と驚きなのが「はだし婚」。 「はだし婚」は、なんと「はだしでランニングをしつつ婚活もやっちゃいます」というびっくりイベント。「ランニングを裸足てするなんて考えられない!」と、思う人の方が多いでしょうね。 実は、ランニングの世界では裸足ランニングが非常に高い人気となっていて、この「はだし婚」は「裸足ランニング×婚活」を実現させたイベントなのです。

一見奇妙にも見えるはだし婚ですが、普段からランニングを趣味としている人であればそこまで突拍子がないものではありませんし、「一度やってみたかったんだよね~」という人も少なからずいますから、ランニングマニアには人気なのです♪ 普段から裸足ランニングをやってみたいと思っていても、一人でやるのは恥ずかしい。かといって、裸足ランニングをやってくれるような仲間がいるわけでもない。だったら、いっそ婚活イベントの「はだし婚」で体験してみるか!というパターンで参加もできてしまうわけです。
このイベントのポイントは、「婚活がメインではなく、裸足ランニングがメインの参加でもOKである」ということ。 婚活は既に「当たり前にあるもの」として知られていますが、中には「婚活をするのは恥ずかしい、自力で相手を探すことができないと言っているようなものだ」という考えをまだ持っていて、なかなか自主的に婚活ができないという人もいます。そういう人でも、婚活だけに的を絞ったものではなく「他にも何かを楽しめる」というものだと参加をしやすくなります。こういったイベントに参加してから、本格的な婚活を始める人もおり、とっかかりとしてはかなり大きなメリットがあるものです。

「はだし婚」は、まったくの裸足というわけではなく、まるで裸足で走っているかのような感触をもつ「5本指シューズ」を使って実施。こちらは、自分で持っていなくても現地でレンタルすることが可能になっています。ランニングが終わった後は温泉に入って汗を落とし、アフターパーティーで参加者同士のコミュニケーションをとり、終了。ランニングの感想を語り合ったり、意見交換をしながらお話ができると「この人ともう一度裸足マラソンをしてみたい」「どっちが早いか勝負してみたい」という気持ちになり、「次も会いましょう!」という気持ちになるはず。ここからお付き合いが始まっていく、というわけです。恋人同士からではなく、お友達から始めるお付き合いもOK。フランクな気持ちで婚活ができる「はだし婚」。今後、新しいタイプの婚活として、人気が高まる可能性アリ!です。

ブライダルネットについて ⇒ 婚活セミナーも開催!

婚活しよう!

婚活の成功術

結婚相談所に登録する際、人気がある職業とは
結婚相談所に登録するメリットとデメリット
婚活もここまで進化している!今ドキの婚活事情

婚活と本音