男性のおよそ6割が女性に「料理上手」であることを求めているようです。

出会いが全くないわけではないのに、現代人はなぜ婚活をしないと相手が見つからないのでしょうか?

結婚に料理は本当に大事か?

よく言われるのが、「男性は料理上手な女性に惹かれる」というもの。

マイナビニュースの記事によると、男性の六割は「料理上手」というだけでその女性との結婚を考えるようになるそうです。結婚に料理上手が有利というのは良く知られていることですが、それが6割にも影響すると考えると、かなりの男性が料理に重きを置いていることが解りますよね。 なぜ男性は料理上手な女性を求めるのでしょうか? その理由は、「家に帰ってきて、美味しい料理を出してもらえると安らぐ」「料理が上手だと、生活も健康になりそう」というもの。回答した男性の中には、「むしろ、他の部分がどんなに良くても料理ができなかったら結婚はできない」と答えた人もいた様です。男性が結婚相手に「料理」を求めるのは、本当のことみたいですね。

「男は胃袋でつかめ」という言葉がある通り、女性が料理上手だと結婚もかんがえますし、将来の浮気もしにくくなると言われています。帰ってきて美味しい料理がテーブルに並んでいると、やはり幸せな気持ちになりますし、毎日の生活が豊かなものになりそうですよね。 今後、婚活をしようとしている女性にとって、料理は必要不可欠なものになりそうです。

既に、婚活の現場で「女性は売り手市場」になっていると言われていますので、相手に差をつけることができる美味しい料理を作ることができるというのはライバルを遠ざけるポイントにもなります。 女性の方も「婚活に美味しい料理を作る腕は必須」と考えているようで、婚活と並行してお料理教室に通う人も増加しているとか。「私ってお料理下手」と自覚している人は、今からでも料理力を上げていくことをお勧めします。料理じょうずというだけで、男性の食いつきが全く違います。

冷蔵庫の中のもので何を作れるか?

しかし、料理上手と言っても

「高い食材ばかりを買ってくる」のでは意味がありません。 高い食材はもともと質が良いですから、美味しいのは当たり前です。また、良い食材を頻繁に買ってこらえると食費がかかって大変ですよね。ポイントは、「冷蔵庫の中にある食材で工夫してご飯を作れるかどうか」「食費にお金をかけすぎず、それでいて美味しいものを作れるかどうか」です。

美味しい料理を作るのは得意でも、「実はお金がかかりすぎていて、毎日出すことは難しい」という女性は多いもの。ここはひとつ「やりくり」を頭に入れて料理を練習したいものです。 料理上手へのハードルはなかなか高いですが、日々自炊を心がけるだけで違ってくるので、生活の中で腕をグレードアップさせていくことができるといいですね。

現代人はなぜ婚活をする?

いつの間にか、当たり前のように定番化した「婚活」。

実際に行動はしていなくても、「婚活したい」「機会があれば、婚活パーティーなどに行ってみたい」などと考える男女はとても多いのではないでしょうか。最近は色々なところで婚活ができる催しが行われ、注目を集めていますよね。では、どうして「婚活したい」と考える男女がこんなに増えたのでしょう?

理由はいくつかありますが、まず大きいのが「異性と出会う場所が少ない」ということです。 昔はある程度の年齢になると、おせっかいな親戚のおばさんが出てきて「いい人がいるのよ~」などと紹介してくれたものです。「お見合い」というのが、ごく当たり前に存在していました。

「昭和」という時代には「女性は25歳を過ぎたらオールドミスであり、その前にお嫁に行かなければならない」という固定観念があったのです。もちろん、結婚してからも仕事を続けるという選択は少数派。夫は妻を働かせると「みっともない」「甲斐性がない」といわれる時代でした。 このため、女性の生き方は自然とひとつに絞られてたのです。 結婚して子供を産むしか選択肢がない。だから、女性は「若くて価値が高いうちに良い相手を見つけよう」と、積極的にお見合いをしたのです。

しかし、バブルが崩壊したころから少しずつ変化があらわれました

それまで「結婚して家庭に収まることが当たり前」

…と言われていた女性たちが、社会に自分たちの居場所を求める様になったのです。「女性だけが選択肢を絞られるのはおかしい、自分たちだって働きたい!」。そう考える女性たちが増加したことで、女性の社会定期な立場が変わり始めたのです。 結果として、現代はお見合いをしてまで結婚しようと思う人は少数派となり、結婚をして仕事をやめるのも続けるのも自由という風潮が強くなりました。

これは女性の生き方の多様性を広げましたが、一方で「男性と出会う機会であったお見合いが一般的でなくなったため、出会いのチャンスがなくなる」というデメリットをよぶことになります。特に、職場に結婚適齢期の男性がいない場合は「結婚どころか異性に出会うチャンスすらない」ということになり、自分で努力しないと出会いを得られない人が増えたのです。 そこで、生まれたのが「婚活」。 一生をともにできるような異性を見つけたい。

でも、昔の様に人に勧められるのではなく、自分で方法を選んで婚活をしたい。そう考える人が増えたからこそ、婚活はここまで一般化したのでしょう。今は婚活パーティーの仕様も幅が広がっており、いろいろなアプローチを試すことができるようになりました。そういった多様化も、婚活へのハードルを下げ「より多くの人が参加しやすいものに形を変えた」と考えられます。 今はインターネットでも簡単に婚活ができる時代ですから、時代がすすむことでさらに婚活が身近なものになるかもしれませんね。

ブライダルネットについて ⇒ スマホからも繋がる!

婚活しよう!

婚活の成功術

結婚相談所に登録する際、人気がある職業とは
結婚相談所に登録するメリットとデメリット
婚活もここまで進化している!今ドキの婚活事情

婚活と本音