シングルマザーになったということは、一度は「一生を共にしよう」とまで思った人との別れを経験したということ。

婚活に行くときの服装についても気を付けたいですね。

シングルマザーの婚活って?

結婚をする時って、誰もが「添い遂げたい」と思って相手を探します。

「この人と一緒にいたい」という気持ちで結婚します。 シングルマザーになったということは、一度は「一生を共にしよう」とまで思った人との別れを経験したということ。 離婚というのは結婚以上にエネルギーを使うものです。 だから離婚経験者には「もう恋愛はいい」と思う人も多いし、「私には見る目がない」と自信を失ってしまっている人もいます。 でも、だからといって「再婚」をあきらめる必要はどこにもありません。

世の中には、一度は離婚をしたものの素敵な男性を見つけ、幸せな家庭を築いている人はたくさんいます。 子供が好きで、「好きな人の子供を一緒に育てていきたい」と考える男性だってたくさんいるのです。 もし、心のどこかで「もう一度恋愛をしてみたい」と考えているのなら、勇気を出して婚活に参加をしてみませんか? 多くの結婚相談所では、シングルマザー向けの婚活イベントを実施しています。

シングルマザーのあなたを待っています!シンママ限定婚活

結婚相談所の多くは

「シングルマザー限定のカップリングパーティー」を企画し、「女性はシングルマザーのみ」「シングルマザーに理解があり、子供がいてもいいという男性のみの参加」など、シングルマザーに配慮した内容のパーティーを実現しています。 初婚や若い女性など、色々な条件の人ががごちゃ混ぜになているようなカップリングパーティーだと、どうしても「自分は子供がいるし、不利かも・・・」という気持ちが先立ち、思う様に魅力を発揮できないことがありますよね。 でも、最初から「シングルマザー限定」としていれば気負うこともないし、気持ちも楽に婚活をすることができます。 もしあなたがシングルマザーなら、シングルマザー限定の婚活イベントに参加をしてみてはいかがでしょうか?

子供の年齢は小さいか、高校生以上だと上手くいく

シングルマザーが婚活をする場合、どうしても「子供のこと」が気になりますよね。 子供が新しい父親と一緒にやっていくことができるかどうか、それが婚活のカギになります。 多くの女性は「子供に我慢させてまで再婚は考えられない」という人が圧倒的。だから、子供と新しい父親の相性はとても大切です。男性と再婚をする場合、やはり子供が小さくて新しい父親になつきやすいか、思春期をすぎて自立しようとしている年齢のお子さんだと受け入れられやすいと言います。 こううまくはいかないケースがほとんどだと思いますが、もし「婚活をしたい」と思うなら、子供の年齢を意識しておくことも必要かもしれません。参考程度に頭に入れておいてください。

婚活女性はこんな服装に気を付けて!男性に嫌われる服装のポイント

結婚相談所に登録し、「さあ、いざ婚活パーティーへ!」と意気込んでいるあなた。

きっと、洋服を何枚も試着して「コレ!」という服を選ばれたことでしょう。 でも、本当にその服装でいいですか?お友達に聞いて「その服良いよ~」と言われた言葉を鵜呑みにしていませんか?男性にウケる服装と女性にウケる服装は全く違いますので、パーティーの前に「男性に嫌われるNGアイテムがないかどうか」をチェックしてみて下さい。

○服はそれなりに上質なものを!

何を着ても可愛く見えるのは10代まで。 20代になったら、「自分を可愛くしてくれる洋服」を自分で選ばなくてはなりません。 30代になると、洋服が女性に与える影響はますます大きなものになります。 アラサー世代にありがちなのが、「自分は若く見えるから」といって「20代前半が着るような服を選んでしまう」というもの。自分では気づきにくいですが、これは男性から「若作り」と言われて嫌われます。20代前半と20代後半でも体のラインは違ってきますので、20代後半の人が20代前半の人に人気のブランドを着用すると「無理してるな」と見苦しく映ってしまいます。 ここは、年齢相応の服を選びましょう。落ち着きすぎも良くありませんが、カラーを明るいものにするなど工夫すれば若々しさを演出できますよ。 特にプチプラブランドは厳禁。プチプラブランドは、10代の子が着るから可愛いのです。20代後半~30代の女性が着用してしまうと浮きます。婚活では避けたい服装ですね。

また、セクシー路線もNGです。 足が出過ぎるミニスカートや、胸が大きく空いた服などは婚活に相応しくありません。 男性は、そういう服装の女性を見ることは好きでも、「自分が好きな女性にはしてほしくない」と考えることが多いので、そういった服装をするだけで「結婚対象外」にされてしまうことも。多少のセクシーさは必要ですが、あまりに過激な服装は避けた方が無難です。

○持ち物とアクセサリーにも気を配って

あからさまなブランドものも「ブランド好きで結婚後にお金がかかりそう・・・」と警戒心を与えてしまいますが、明らかに合皮と解る安っぽいデザインのものは控えたいものです。アクセサリーも、ひとつでいいので質がいいものを持っておくと使いまわしができて便利。宝石は一生ものにもなりますし、この機会に使いやすいものを選んでみては? 女性の印象は服装ひとつで大きく変わるもの。男性に「おおっ」と思ってもらえるような、自分を輝かせてくれる服装を心がけたいものですね。

ブライダルネットについて ⇒ 人気の婚活サイト!

婚活しよう!

婚活の成功術

結婚相談所に登録する際、人気がある職業とは
結婚相談所に登録するメリットとデメリット
婚活もここまで進化している!今ドキの婚活事情

婚活と本音